2019年7月17日水曜日

建築家マッチング・サイト 今昔


インターネットで SITEをはじめて立上げたのは1994年。
ネットデビュー 25周年 ということに気がつきました。

1994年当時はまだ、ネット環境の黎明期。検索エンジンもありませんでした。
自前のホームページを持っている設計事務所なども希な存在で、
ネット上の建築家を建主に紹介するという、いはゆる〝マッチング〟サイトの
存在は、それなりに必要であったと思います。

ただ本来 インターネットの 大きな効用とは
発信者と受信者とが(中間業者なしに)直接 出会える場 であるところです。

今日、大きく成長したネット環境の中、建築家マッチング・サイト がいまだ
必要とされるとすれば、〝情報のコンシェルジェ〟としての役割でしょう。

例えば大きな総合病院では、症状や主訴に応じて まず案内をしてくれます。
  あなたは 循環器系の先生がいいですね‥
  この傷は 整形外科の先生に診てもらった方がよいでしょう‥
  まず、この専門の検査を受けられた方が よいでしょう‥  などとですね。 

住宅を建てるということも 治療と同じ。みな症状(条件や希望)が違います。
 都心の狭小地なのか雄大な自然の中なのか… 別荘なのか二世代住宅なのか…。
 生活の中で大切なものは何か…、はたまた事業として収益性を求めるのか…。
クライアントの条件や希望に合わせた、的確なガイダンスが必要なはずですが
いまだ、そこが上手くいっていないように感じています。

これは、実際に情報を発信する建築家側の課題でもあります。
作品の出来栄えを競い合うのではなく、自身の専門性や哲学を示さないことには
見つける側は、はっきりと門戸を叩くことができません。

そして、建築家とクライアント
最も大切なものは、お互いの信頼関係 です。
信頼関係をつくるためには、実際に会って 話し合ってみること。
ネットも情報も、あくまで出会いのための TOOL に過ぎないこと。
そこは 忘れないでいたいですね。



2019年7月16日火曜日

基礎のコンクリート打設

工事進行中の集合住宅 SK2-Project
配筋検査と同じく豪雨の天候かと思いきや、午後の開始時には小降りに。
それでも、根伐底に溜まった雨水を掃出すのに水中ポンプを稼働させつつ
基礎の一部コンクリート打設工事 完了です。
(スキップした複雑な形状のため、基礎を3度に分けて打設します。)

打設される 生コンクリートの試験です。
スランプ、空気量、塩分濃度などを計量、承認済みの配合計画書と照合。
コンクリートの硬化は、セメントのケイ酸カルシュームと水との化学反応
によるもの。その反応熱で、生コンって あったかいのですよ。じつは。
建築が これから産み出されることを 思わせるかのようです。




2019年7月12日金曜日

久しぶり 等々力渓谷



日頃から OA機材に囲まれた作業は、結構なダメージです。
昨日は、思い切って午前中をOFFにして森林浴としました。

久しぶりに訪れてみた 等々力渓谷 です。
環状八号線の高架下に広がる 森とせせらぎ。
都内でも 自然に触れ合うことはできます。



2019年7月6日土曜日

模様替え


この blog  少し明るい色調にしてみました。
模様替えは オープン以来 はじめてです。



2019年7月5日金曜日

豪雨の中の基礎配筋検査 

工事進行中の集合住宅 SK2-Project
豪雨の中 瑕疵担保保険会社による基礎配筋の検査。無事完了です。
瑕疵担保保険は、元請業者がその加入を義務付けられている保険。
ですので、検査の主役は工事業者となるのですが、検査の内容は
当然、確認申請(計画変更申請)によっているか、ということです。

その計画変更申請。決済完了したのは この検査の前日。
タイト・ロープな連携でしたが、ここを乗り切れました。




TOTOギャラリー間 ,and then 展


失礼ながら 建築家の中山英之というお名前、ここで初めて知ったのですが
ギャラリー間 ,and then 展』。いち来訪者として、とっても楽しかった。

5つの作品の、完成からのその後(,and then )を 映像作品にしている。

よく 音楽などの作品を発表することを リリース(release)といいます。
釣り上げた魚を 再び放すこと。
建築も完成して建主に引き渡され、つくった側からの思いをはなれてからが
本当の物語なのではないのかと、常々私も考えていました。
ただ、その後(,and then )の撮影に住み手の方々、よくぞ協力されたこと。
生活感の溢れた楽しい映像ばかりでは ありますが‥。



『新聞記者』


映画の日。なにげなく見た『新聞記者』という作品に 激しく心動かされました。

新聞記者や新聞社の奮闘を描いた映画 といえば。
高校生の時に観た『大統領の陰謀』を思い浮かべます。もう40年も昔のこと。
ウォーターゲート事件の真相を暴いた、当時のワシントンポスト紙の若手記者を
ロバート・レッドフォード、ダスティン・ホフマンの 2大スターが演じました。
多感な頃の自分も、ジャーナリストに憧れたことを思い出します。
ハリウッドでは昨年、その関連で『ペンタゴン・ペーパーズ』という作品もあり、
メリル・ストロープ、トム・ハンクス とこちらも大スターの共演でした。

邦画では
『クライマーズ・ハイ』(横山秀夫原作 原田眞人監督)という秀作もありますが
『大統領~』のように、あからさまな政権批判はこれまでなかったかなと思います。

ただ、この 『新聞記者』 は違う。
伝える側、告発する側の勇気と苦悩は、そのまま現事件を背景にしてるのは明らか。
メッセージが質の高いエンターティメントにのっているがゆえ、強く響きます。

『この国の民主主義はカタチだけでいい‥』
くしくも参院選挙が公示されたタイミングでの、このセリフが突き刺さります。
必見。



2019年7月1日月曜日

基礎配筋 進行中


現在 工事進行中の新築集合住宅 SK2-Project
基礎の鉄筋工事 進行中。
敷地内の高低差を利用したスキップ・フロアのプランから、基礎梁の
H寸法は稼げたかたち。構造的には有利な部分。
一見するとキャシャな配筋でいけるのもそのため。主筋は 全てD16。
接続で(重ね継手のみで)ガス圧接を不要にするのも 狙いのひとつ。
必要な構造耐力を確保するのはもちろん、その上での経済設計は大切。

今週中には、瑕疵担保保険の配筋検査の予定。少しチキン・レースだ。


2019年6月27日木曜日

日頃から 運動


ビルに2基あるエレベータうち 1基がメンテナンス中。
エントランスでは エレベータ待ちの人があふれている。
向かうは5階。TVのCMよろしく階段を駆け上ってみる。
息が切れる。けっこうなエネルギー消費だ。
ようやく5階にたどり着くと、扉が開かないなじゃい!
たまたま内側から開けてくれた作業服の男の ナンなの
と 言いたげな怪訝な顔付。
そうか、防犯上締めているのか。ただ、ちょっと寂しい。

趣味の サイクリング の方で発散しよう。
ネコには関係ないはなし。


2019年6月25日火曜日

iPad Pro で ペーパーレスへGO!


iPadが iOSから独自のOSになるそうな。
シリーズも新しくなるのかなあと、待っていてもきりないので
iPad Pro 11インチ 購入しちゃいました。
…いやぁ 便利。

以前も iPad 使ってましたが、重くて持ちにくかったのなんの。
今のシリーズは 軽くて 片手で持てるのがよい。
他の家電製品にもいえますが、軽量は最大の性能だと思います。

設計図書を見ながら 施工図のチェック。
使い慣れたら、iMacとiPad だけで完結させたいな。


2019年6月23日日曜日

計画変更と樹木希林さんの言葉


現在、設計監理中の新築集合住宅 SK2-Project
地中埋設されている既存杭の影響で、新設の杭工事に影響がでている事。
先日このblogでも触れましたが、事態はさらに深刻になっておりました。
根伐工事によって確認できた新設杭の位置を、構造の石和さんと協議し
てみると、上部建物の形状も一部変更する必要が出てきてしまいました。

変更とはいえ、融資の関係から 述床面積や建築面積は変えられません。
工事を止めるわけにはいきませんが、もはや『軽微変更申請』では済まず
『計画変更申請』が必要という事で、構造再計算と申請作業とで時間勝負
の連続も、ここにきて、ようやく目処が見えてきました。

工事が進むと、思わぬ障害や不可抗力で、なかなか設計図書通りに仕事
がすすまないことはあります。工夫して難題を乗り越えたり、あるいは
発想を変えたり、それもひとつの建築計画の醍醐味だな、と考えてます。
ただ、必ず顛末は 『災い転じて福となる』
もちろん、それは 建主皆さまの信頼と理解があるからこそ です。


昨年 亡くなられた女優・樹木希林さんの書籍のひとつに 似たような
エピソードが載っていたことを思い出しました。
家の設計をお願いした建築家に、間違えて穴を開けてしまった‥などが
あったら、そのままにしていておいて欲しい、と。現実的には、そんな
ミスは起こりようもないのですが、予定通りにいかない事を面白がって
しまおう、という希林さんの遊び心に共感します。

人生、思い通りにいかないからこそ面白い。

『樹木希林120の遺言』には、もうひとつ。
建築家に出した要望が書かれおり、これもとっても気に入っています。
‥石は石、木は木、真鍮は真鍮、硝子は硝子という、その良さをただ
 活かすことを考えて欲しい‥(一部の引用お許を。)

TVで見る希林さんの御宅、室内外ともコンクリートの打放しでしたね。
コンクリートは、コンクリートらしくね。

2019年6月7日金曜日

閉じた空間としての住宅、そして家族


ここのところ『中高年のひきこもり』の問題がクローズアップされています。
少し前には『家庭内での児童虐待』の社会問題も大きく報じられていました。
いずれも、要因や対策などを軽々に論じることは差し控えたいのですが、ひとつ
『家庭』という閉じた関係性の中、『住宅』という密閉された空間で起きている
ことは共通している、といえます。

『住宅』が密閉化へ向かっている方向性。
住宅の省エネ化を掲げて、断熱性・気密性の向上へと向かう基準や規制の方向と
どこかリンクして感じています。
もちろん、住居における消費エネルギーや二酸化炭素排出量を抑えていくことは
地球環境を守る上で必要なことですが、エアコンの効率を最優先に個室に細かく
区切ったり、外部環境との遮断を優先していくことに、違和感もあります。
(‥ただ当然、エアコンも近年の猛暑の気候を考えれば絶対に必要な設備です。)


日本では 空間や時間、様式のうえで
真(しん)・行(ぎょう)・草(そう)   という 三相の考え方 を持ちます。
例えば 書 の様式。
フォーマルでキチッとした 真書体 という書体にたいして、
カジュアルで崩しのはいる 草書体 という書体があります。
その中間の曖昧な領域として 行書体 が ひとつ存在します。

日本の住宅でいうならば
外部と内部との曖昧な領域として 縁側 が思い浮かびます。
例えば サザエさんのお宅の 縁側。
タラちゃんが走り回り タマがお昼寝。 波平とマスオさんが縁台将棋。
面した庭の垣根越しに サザエは お隣のいささか先生の奥さんと ちわ話。
縁側には 何か用途があるわけではありませんが、室内のプライベート空間と
外部のパブリック・スペースとの緩衝材となっています。

なにも
サザエさんのお宅のような日本家屋を復興させよう、というのではありません。
プライバシーや防犯性能を確保しつつ、曖昧性を持ったスペース(間)が住空間
の中に、認められていてもよいのでは、と考えております。


都内での集合住宅の計画では、レンタブル比など空間の効率性を重視しながら
安全条例などの規制に従わなくてはなりません。
その結果 敷地内に天空の外部通路が生まれることがあります。
この通路は、建物の全ての住人が日々必ず通る敷地内空間です。
たとえ会釈だけでも、ささやかな繋がりの場になればなあと、期待しています。

『真』と『草』との中間領域 『行』の空間 ということです。


2019年6月3日月曜日

鋼管杭設置工事・地中工事の難しさ


設計監理中の新築集合住宅 SK2-Project
いよいよ杭工事が始まりました。
新設する杭は、鋼管杭。工場で生産された既製の杭を現地に貫入します。
地下支持層まで到達させるためには20mあまり必要で、4本で1セット。
貫入途中で 溶接で継いでいきます。
(溶接の職人さんの姓が、偶然私と同じ 岩間。杭のサインは私でなし。)

他の多くの作品でも この既製鋼管杭工事の設計監理をしてきましたが
今回の工事には、ひとつ大きなハードルがありました。

以前の建物を支えた既存杭が地中に残ってしまっていることです。
この既存杭は アースドリル工法というRC造の現場形成杭で、数十年前も
以前の強固な建物の施工には、一般的な工法であったと言えるでしょう。
この工法も、私は駆け出しの現場監督時代に、たくさん経験しました。

新設する杭が 埋設されている既存の杭に干渉するわけにはいきません。

この杭工事に先立ち、
埋設されている杭の頭部分を全て掘り起こし精密に位置を出し、新設杭の
位置を調整します。すでに完了している建築確認には軽微変更申請で対応。
構造設計の石和春樹氏にも 大変な労力に感謝です。


2019年5月17日金曜日

昭和の風情 酒屋さん

地鎮祭の奉献酒には、必ず 手書きの筆字で『奉献』と書いてもらう。
量販店やコンビニではだめだ。個人商店の酒屋さんでないとできない。
だから 酒屋さんのご主人は たいがい達筆であった。
『ここいらじゃあ ウチだけですよ。残っているのは‥。』
店主のご主人の話は、私も実感のところ。多少なりとも応援できれば。
この3月に開店した『ものがたり酒店』にも声援をよろしくです。

今週末は 地鎮祭。


2019年5月9日木曜日

集合住宅計画・設計監理を始動

着工間近の集合住宅 SK2-Project 新築工事
大型連休をおえて、敷地を更地にする工事もあと一息。
以前の建物(アパート)の基礎を撤去してしまいます。

杭は、RCのゴツイものが残存したまま撤去できません。
残存する杭の正確な位置と深度を測量し、新築で新設する
基礎や杭に干渉しないよう、軽微変更することにします。

同時に 新築建物の スミ出し も行なってしまいました。
前面道路に 逃げズミ を打ちます。

現場監理の状況は、これから折をみてUPしてまいります。


2019年5月6日月曜日

この大型連休


曇り空の日‥
田植を前に 田に水を引く用水路の掘りさらい ボランティア。

大雨の日‥
森林公園で 仲間とBBQ。(雨よけテントがあって助かった。)

晴天の日‥
富士の麓へ お墓まいり。 

祝賀ムードの日々もひと段落、明日から日常へ。


2019年4月14日日曜日

かつての作品をふり返る見学会


現在 計画進行中の集合住宅 SK2-Project
建主の方からは 集合住宅 N’s HOUSEをご覧になり 依頼をされました。
この時期、ちょうど ひと部屋 空室ができた(303号室)ということで 
施工の工務店・担当者も一緒に、建主のご一家と内見会をおこないました。

案内は N’s HOUSE をはじめ、当方のいくつかの集合住宅の仲介・管理を
お願いしている リネア建築企画さんに お願いしました。

18戸からなるN’s HOUSEは2001年竣工。
賃貸のお部屋に上がるのは、18年ぶり。

オーナーの方には 大切にメンテナンスされているご様子は 嬉しい。
困難な設計条件にたち向かった、当時の情熱もよみがえってきました。
ただ、ディテール設計の反省点もいくつか。(当時は、まだ未熟な設計者)
それでも、この建物を愛していただける オーナーの方やテナントさんに
感謝 です。




2019年4月2日火曜日

新元号『令和』


この5月からの新元号『令和』が政府から発表されましたね。

『昭和』の時代 『平成』の時代‥
元号は 日本の伝統文化 であのと同時に
社会の世相ばかりか、日本人各々の個人史にもパーテーションを
つけてきたのではないでしょうか。

『令和』の時代やこれから如何に、と思いを馳せるところですが
正直に言いますと私、この『令』という字が好きではありません。

命令 司令 あるいは 法令 の『令』です。
例えば、建築確認申請の図面上の表記で 
『建築基準法施行令 第○○○条 による』 という表記のところ
『令○○○条』 と 略して記載 します。
私にとっては、これまでも、これからも頭を悩ませ続けるであろう
法規制の象徴が この『令』という一字 です。

この法規制の中で いかに工夫をするのか‥。
その工夫こそ 結果的に『世界にひつだけの花』である『個性』を
生むのだと、思えるのです。私の建築は、いつもそのようです。


桜には 青空と瓦屋根が似合います。



2019年3月12日火曜日

都市型集合住宅・SK2-Project


現在、実施設計進行中の都市型集合住宅です。
所有する老朽化したアパートの建替を計画されていたご家族から
当方の計画物件 N’s HOUSE を見て、計画の相談をうけました。

付加価値のある集合住宅を建設したい‥。
そんなご要望に共感し、計画の依頼をお引き受けしました。

専有部分を最大限に確保するために、共用の中庭を設けています。
土地の有効活用が、結果としてコミュニティーという付加価値を
生みだすと、私は考えています。





2019年3月11日月曜日

ものがたり酒店

ものがたり酒店』が先週開店しております。
店主は、私の中学・高校の大先輩にあたる方。
昨年のちょうど今頃、ご相談いただきました。

都内港区芝2丁目にある既存の4階建狭小ビルを全面リニューアル。
日本酒・焼酎のショールームとして、ブースごとに蔵元に貸し出す
というアイディアです。 面白い。

工事は、これまで多くの仕事をお願いしてきた村上工務店。
デザインは、店舗の仕事を得意とする、仕事仲間の安蒜和希くんに
お願いし、私は裏方として協力させていただきました。

店内には 全国各地のコアな日本酒・焼酎がならびます。
明治波濤歌』は、店主イチオシの品のひとつ。
明治時代の古式製法にのっとる、玄米の球磨焼酎。まさに焼酎の味
これからは、仕事上がりのひと時が楽しみだ。

酒は文化なり。




2019年3月2日土曜日

琳派と『日本建築』 遠山記念館


遠山記念館(旧遠山邸)先週、久しぶりに訪れてみました。
4年前に初めて訪れたときの感想を、振り返ってみますと
当時の印象が 今も全く変わらないことに気がつきます。

ただ 建物 そのものは
登録有形文化財 が 重要文化財 へと出世したようです。
建築家も棟梁たちも、元一氏も美以さんも 青空の上から
さぞや ご満悦のことでしょう。

隣接する 美術館 では
収蔵品から「琳派と雛」と題した企画展示がされています。
館長の 琳派 の講演も拝聴する。
俵屋宗達 尾形光琳 酒井抱一 と続く江戸時代の文化。
全く師弟関係のない彼らを結ぶ作品が 風神雷神図屏風 
であったとは、興味深い。

穏やかな 初春の一日。




2019年2月18日月曜日

高架送電線のこと



トラブルですか? ‥ちがいますよ。 と 地上の作業員さんが教えてくれた。

何かのアドバルーンが鉄塔に引っ掛かってしまったのかと思いきや、全然違う。
送電線を地上に落とさず、撤去しているところなのだそうだ。
4つのバルーンで送電線を空中に上げ、となりの鉄塔から巻き取って回収する。

お見事!

鉄塔そのものを解体撤去するための作業だそうです。 なるほど。



2019年2月3日日曜日

日日是好日


計画進行の集合住宅 SK2-Project
建替られる既存マンション敷地内にて地盤調査(ボーリング調査)が開始。
工程の関係で、マンション解体工事の前に行うことになるも、作業は順調。
想定通りの深度で支持層の確認。流動化対策のための検査もだ。

状況写真は、あまり美しいものではないなと思い
またまた 映画 のお話をば‥。


前々から気になっていた 「日日是好日」 をようやく鑑賞できた。
監督は大森立嗣氏。まほろ駅前シリーズのジャンキーな世界観とは真逆な
清楚で爽やかな作品。同じ人のメガホンかと思うと、何気に愉快である。

もう何十年かぶりに訪れた「テアトル蒲田」 ここで面白い体験ができた。

物語のほとんどが お茶室でのお茶のお稽古の場面。
お茶席に正座したときの目線を意識してか ローアングルで撮られている。
ローカルな雰囲気のテアトル蒲田の客席には、傾斜がほとんど付いてない。
沈み込んで客席に座ると、ちょうど目線がスクリーンの下端くらいになる。
すると自分も、まるで茶席にいるかのような臨場感。偶然でも痛快である。

移ろいゆく季節感とともに、淡々と日常を描いているのみ。
(以下、公式サイトからの引用お許しを)‥
季節のように生きる。
雨の日は雨を聞く。雪の日は雪を見て、夏には夏の暑さを、
冬は身の切れるような寒さを。五感を使って、全身で、その瞬間を味わう。

高気密・高断熱を目指す、現在の住まいのありようとは 正反対。
省エネ性能を追求することは、地球環境や健康の面から大切でありますが、
季節のうつろいを感じ、味わえるゆとりも必要ではないかと思えるのです。
木造の日本家屋だけではなく、鉄筋コンクリート造の集合住宅ででもね。



2019年1月23日水曜日

建替られる建物からの置き土産


計画中の集合住宅の建替工事。
新築に先立ち解体される 現在の建物には まだオーナーがお住まいに。
今月内には仮住まいへの引っ越しのため、不要な物を処分するとのこと。

『ご自由にお持ちください。』の看板とともに 路上に置かれた品々。
はたして不要な物とは思えぬ 逸品 ばかりです。
私は お重の箱をふたセット いただきました。

構造設計のI先生に見せると、私以上に気に入っているご様子。
大切に使ってもらえるなら、そのほうがよい。さしあげました。

来春 新しく生まれ変わる集合住宅。こちらも大切にされるといいな。
新元号とともに工事がスタートする予定です。


2019年1月18日金曜日

樹木葬


TVのワイドショーを観ていると
亡くなられた女優の市原悦子さんが、樹木葬で埋葬されるとのこと。
樹木の元に埋葬する樹木葬は、生前のご本人の希望なのだそうだ。

河瀬直美 監督の『あん』
昨年亡くなった樹木希林さんの親友役で市原さんが出演されてますが、
物語の終盤、樹木さんが亡くなり、桜の木の元に埋葬されるところを
思い出しました。おふたりの繋がりを感じます。合掌。

私個人の考えですが
人も亡き骸は土に帰るべきなのかなと、思うときがあります。
ただ、私はまだまだ先の予定。 生きることにはどん欲でありたい。



2019年1月3日木曜日

ボヘミアン ラプソディ


昨年、見のがしていた話題の映画数本。
このお正月休みの間に堪能しています。

フレディー・マーキュリーと QUEEN の音楽の映画『ボヘミアン ラプソディ』
同じように、バントの歴史やメンバーの葛藤や絆も描いている。ということで
クイント・イーストウッドの『ジャージー・ボーイズ』を連想してたのですが
正直言って、映画そのものの出来栄えとしては 遠く及ばず。
面白くなかった。と言われる方々がおられるのも よくわかりました。

ただ、そんなことは も どーでもいいです。 大興奮!
Seven Seas of RHYE、Killer Queen が流れた瞬間。私の涙腺は一気に崩壊。


QUEENの初来日公演のとき。私は武道館にいました。
中学2年生か3年生でしょうか。ライブ初体験でした。
ブレイク間もない彼らのヒット曲は 『キラー・クイーン』
『オペラ座の夜』というアルバムは まだ発表前じゃなかったかな。
当時は照明や映像の演出もなく、PAも音が割れてて いい音ではありません。
警備の体制もノウハウがなかったのか、アリーナの客が前に押し寄せてきて
フレディーがしきりに Sit Down! と叫んでいたのを覚えています。
(いまのライブやフェスじゃ 考えられない光景でしょう。)

イケメン担当のドラムのロジャー・テイラーは、私と誕生日が同じでした。
当時 文通していた他校の女学生との そんなやり取りを思い出しました。
思春期の甘酸っぱい思い出です。(ちなみに7月26日は、ミック・ジャガーも)

QUEENに夢中だった当時の私と、同じような世代の若者たち。
ストリーミング世代の彼らも あいみょんや米津玄師のように 彼らの音楽も
受け止めているのであれば、それはそれで嬉しい。

祝 大ヒット
合掌 フレディー・マーキュリー



2019年1月1日火曜日