2019年9月16日月曜日

設計図は脚本 作品は現場で作るもの


建築をつくる現場 は 映画の撮影現場と似てるんじゃないだろうか‥。
かねがね そんなふうに思ってます。
プロデューサー は 建主
建築家は脚本と監督。脚本書いただけでは作品になりません。
撮影現場では、予算や状況などで脚本通りにいかないこともありますが、
逆に、脚本になかった 思わぬアイディアが浮かぶこともあります。

現在撮影進行中 SK2-Project
室外機や湯沸器、雨樋やスリムダクト、メーター関係等殆ど見せません。
唯一 各住戸の電気メータだけが露出になってしまうのが残念なところ。
(PS内には扉内湯沸器が納まるため、電気メータの内蔵は基本的にN.G.)

‥あ、1階には 扉内湯沸器のないPSシャフトが 一箇所あるじゃない。
1階の住戸だけでも、電気メータ この中に納めよう。
現場で職人さんと打合わせていて閃いた。 こういうことの、積み重ね。
だから 現場 にむかいます。


2019年9月10日火曜日

コンクリート打放し の 設計監理_鉄筋工事



設計監理中 集合住宅 SK2-Project
台風一過 今日から2階床スラブ・梁配筋の開始です。

私自身
現場の職人さんの仕事の、大概の部分はできんじゃないかと
自負してますが、この鉄筋工の皆さんの仕事だけは難しい。
ハッカーで結束線を結ぶくらいは なんでもないのですが
「拾い」‥ つまり 『積算』 が難しい。
地味な仕事ですが、『積算』こそ職人技と思えるひとつです。


2019年9月9日月曜日

コンクリート打放し の 型枠術


現在 設計監理中の 都市型集合住宅 SK2-Project
鋼製建具の製作図チェックに、建主の方々とショールームで使用確認
躯体施工図の承認(…昔取った杵柄 で実質的作成)と 慌しい日々。


1階のスラブが ようやく 上がりました。
今週中の配筋と中間検査、来週早々にはコンクリートの打設予定です。

外壁仕上げは コンクリートの打放し仕上げ
型枠は コンパネ(2_6 600×1800×12)と桟木(50×25)によるパネル。
私の割付に合わせて、ほぼ全てを工場で加工してきます。
建て込み(打放しの場合、通常外壁から)に合わせて壁厚に相当する
セパ(Pコンを合わせた)をセットして、返しの型枠は合わせるだけ。
それを単管パイプ(48.6φ)を2本かませてフォームタイで締めます。
単管パイプ で 水平・垂直の通りを確保するわけです。

私は パネルの割付は全て決めて指示しますが
Pコン(セパ)位置は、基本の規則性だけ決め、細かい指示はしません。
コーナーでフォームタイが絡んだり、スラブ引きや敷バタ受けで必要な
Pコンは どうしてもイレギュラーな配置のものも出てきてしまいます。
そこは現場で 型枠大工さんと相談して決めることもあります。

この現場の型枠大工さんたち、皆若く、楽しそうに仕事をしている。
職人さん不足のネガティブな話題からは縁遠いような感じ。私も楽しい。