2019年11月9日土曜日

ベルリンの壁開放 30年


ベルリンの壁開放の1年前1988年6月29日。昔の写真を懐かしむ。

西ベルリンの 戦勝記念塔 よりのぞむ ブランデンブルク門
当時の日記から、当日は大雨であったようです。

当時の東側の人たちは、自分の意見を自由に表現することはできない。
みな暗い表情をしていたことを思い出します。
表現の自由をかさにきてやってくるプロパガンダも、薄気味悪いけど
自らの意思を自由に表現できるということが、いかに豊で尊いことか‥。

西側のベルリンの壁は、カラフルに表現されたウォール・ペイント。
あいちトリエンナーレ『表現の不自由展』をシャットアウトしていた
大きな鉄扉を連想しました。




2019年11月2日土曜日

那覇_札幌_東京


那覇
首里城が、大きな炎に包まれ崩れてゆく映像は あまりに悲しい。
沖縄を訪れたことは一度あります。1986年の2月頃だったと覚えています。
レンタカーでひとり、本島をほぼ一周しました。
那覇では、国際通りのフェスティバル(安藤忠雄氏)が印象に残った建物で、
首里城は、いまだ復元されていなかったのでしょう。記憶にありません。
いちど 訪れてみたかった。 一日も早い再建を願います。

札幌
2020東京五輪のマラソンと競歩の会場が札幌となることが決まりました。
北海道も何度か車で旅をしましたが、印象に残った建築はやはり安藤氏の
トマムの 水の教会 だったでしょうか。

東京
IOCによる競技会場の強引な変更というのは、単に『マラソン』と『競歩』
の問題だけではありません。そもそも、最も運動には危険な酷暑の時期に
五輪を持ってきちゃったという矛盾が、ホコロビとなって出てきたこと。

1964年。初めて東京で五輪が開催された日本は、いはゆる高度成長期。
五輪開催 → ハコモノ公共工事 → 経済成長 という当時の価値観や
成功体験を、いまだ忘れられないでいるお歴々が多い過ぎるのではないか。
ただ 1964年当時のレガシー建築。丹下健三氏の 国立代々木競技場
少なくとも これは評価したいな。



2019年10月29日火曜日

『ビッグ・クエスチョン』



スティーヴン・ホーキング博士 最後の書『ビッグ・クエスチョン
むかしベストセラーとなった『ホーキング、宇宙を語る』は読破している。
またまた知的冒険に出てみよう、とトライするも‥ これは難解すぎるぞ。
P160で ほぼ挫折状態
どうやら
神様はいないということ。タイムマシンで過去に戻ることは出来ないこと。
それくらいは、分かった。ということにしよう。

お正月休みにでも、再トライだ。



2019年10月21日月曜日

NO SIDE



ラグビーW杯2019
日本代表の快進撃には にわかファンの私でも TVの前で感動を覚えます。
昨晩の『南アフリカ』との準々決勝も 負けはしても素晴らしい一戦でした。

正直なこと 言いいますと。
私、南アフリカ代表 も応援しておりました。 40%くらいで、かな。
かつての友人に、ANC(アフリカ民族会議)の関係者がいたからです。
ANCは 反・アパルトヘイト(人種隔離政策、白人が黒人を虐げる制度です)
を掲げた ネルソン・マンデラ大統領の母体政党でした。
永い投獄生活から大統領に上り詰めたマンデラ氏が、異なる人種の融和のため
必要としたのが ラグビー。 そしてW杯の優勝でした。


『インビクタス/負けざる者たち』
クイント・イーストウッド監督作品では 三番目くらいに好きな作品かな。
マンデラ大統領役は モーガン・フリーマン。ぴったりですね。

ラグビーというスポーツでは
その国の代表選手になるのに、条件さえそろえば 国籍 は必要ないとのこと。
その 寛容さが とてもいいと思います。

2019年10月20日日曜日

『時効警察 はまりました』


『時効警察 はじめました』
TVのドラマは ほとんど観ませんが、これはハマっています。
まずは、Amazon Prime で12年前の2シーズン分の総復習をしてみる
霧山くん、三日月くんはじめチームの皆さん頬んど変わってなじないですか。
( 出演者、スタッフ、きっとほんとに仲がいいんだろうな。)

小粋なギャグにテンポのある展開、練りに練った脚本だけじゃありません。
セットや大道具、小道具にも注目です。
今回は『誰にも言いません。』カード にまでも拘りが見えてるじゃない。

ほとんどの監督・脚本手がける 三木聡 の映画作品『インスタント沼』
でも、異常なくらいの小道具への拘りが見えて面白い。
ちなみに、主演は 三日月くん こと 麻生久美子。
Amazon Primeでどうぞ。(ステマではありません。)

ところで Wiki によると
又来さんの ふせえり さんって 三木聡さんの奥様なのね。


2019年10月7日月曜日

コンクリート打放し

1階のコンクリート打設が完了
梁・スラブのサポは4週強度の確認まで存置だが、壁の型枠は解体。
コンクリートの打放し仕上があらわになってきました。

パネル目地やPコンが、人の手で作られた物であることを表しつつ
人の手ではコントロールできない、偶発的な風合いで仕上がります。

茶器や焼物にも通じる わび・さび の美意識を刺激します。
日本人の多くの人が コンクリート打放し仕上に魅かれる所以だと
私は 思っています。

ただ残念ながら、今回の打放し仕上。あまり上手くいっていない。
もともと 
「打放し。」と言いつつも、補修工事はどうしても必要なのですが、
今回は特に、信頼する打放し補修職人 K氏 の出番が増えそうだ。
補修工事の職人芸も含めて、打放し仕上 の表現だとご認識のほど。

2019年10月3日木曜日

カワイくない設備 の カワイイ機器



かなしい現実 だと 思っているのですが
現在 集合住宅の新築計画では
『防犯カメラ』は すでに必須の設備 となりつつあります。

エントランスのスティールドアに絡め、目立たないディテール考えようと
カメラの実物を用意してもらったのですが、‥意外にカワイイじゃない!
どうしよう。

2019年9月29日日曜日

あいちトリエンナーレ2019 に いってみた。



偶然ぽっかりと なにも打合せのない 平日。
これまで取れてなかった 夏休みの一日にしてしまおう。
話題の『あいちトリエンナーレ2019 情の時代』 に 実際 いってみることにしました。
以前blogで、柄にもなく偉そうなことを言ってしまった後ろめたさが 背中を押しました。 

くしくもこの日の報道では 
『表現の不自由展・その後』をめぐる騒動で、愛知県設置の検証委員会が中間報告を纏め、
監修責任者の津田大介氏を痛烈に批判。文化庁は補助金全額の支給を取り止めを発表と。
木村愛知県知事は、補助金不支給には裁判で争う姿勢とのこと。 ここは、知事に一票!

表現する自由を公権力が規制するなど、あってはいけない。背筋が凍る思いがします。
ただ、違う次元で、表現には自制やTPOも必要なはず。たしかめてみねば、なるまい。


新幹線に飛び乗り 車内からネットでワンデー・パスを購入。
開催された4会場のうち 名古屋駅周辺の 3会場。
□A:愛知芸術文化センター
□N:名古屋市美術館
□S:四間道・円頓寺(しけみち・えんどじ)
に絞りました。 駆け足ですが、パフォーマンスやラーニングを除く展示は ほぼ完走。

たちよれなかった会場は
□T:豊田市美術館・豊田市駅周辺
‥谷口吉生氏作品『豊田市美術館』は観てみたかった。以前、酒田の『土門拳記念館』に
 いたく感動したことがありました。次回、なにかの機会にぜひとも。


トリエンナーレ全体を通し、間違えなく言えることはあります。素晴らしい芸術祭 です。

メッセージ性の強い作品から、造形美を実直に追求したものや、‥え!これってギャグ?
と バラエティーに富んだ作品群。会場内のスタッフやボランティアの方々もみな熱心。
特段ドギツイ表現の作品もないので 家族連れでも楽しめそうです。
『表現の‥』の騒動によるネガティブなイメージ付きは、不幸なことかもしれませんが
逆に関心を持って足を運んだ来館者も、きっと多かったことでしょう。(私も含めて。)

気になった作品にふれます。


□N:名古屋市美術館
名古屋駅に早くについてしまったため、開館時間が一番早い会場から。
名古屋市美術館 は 緑豊かな白川公園内に、球体の造形が特徴的な名古屋市科学館と
対をなすように建てらています。設計は黒川紀章。
公園内という設定で計画された黒川氏設計の作品は 埼玉県立近代美術館 もあります。
格子状のエレメントだけではなく、コンパクトに纏めたゾーニングや動線も似ています。
公園内ということで、高さや建築面積などの制約があってのことでしょう。

それぞれ1980年代開館のようで、かつては「ポストモダン」とモテはやされた作風も、
いま見ると、ギリギリ昭和のレトロ感も出てきたようで、それはそれで 風格 です。


[N03]藤井光
戦前日本のプロパガンダ映画『日本道場』と それを現代の若者が忠実に再現した映像。
ふたつを完全に並べてみる。当時の日本の軍国主義を 痛烈におちょくっています。
製作されたのは、当時統治下のあった台湾とのこと。また、[S11]毒山凡太朗 では
当時の状況を知る台湾のお年寄りへの「日本語」でのインタビューという作品もあった。
戦時中の思い出話しや日本の動揺を無邪気に歌われる姿に、どう感じてよいのやら。

[N07]青木美紅
爽やかな色合いの刺繍や絵画で彩られたインスタレーションは、彼女のコメントから、
突き刺さるメッセージであることを知りました。彼女が人工授精で生まれた1996年は、
クローン羊ドリーが誕生し、旧優生保護法が廃止となった年なのだそうです。

‥‥‥
会場内のそこかしこのポスターに A4サイズ2枚綴りのレター が貼られています。
『表現の不自由展・その後』が中止に追い込まれ、補助金支給が問題視されていること
への抗議文です。文面には、河村市長や菅官房長官 といった個人名も見受けられます。
出展者でしょうか、数名の連名によるのもです。

この抗議文は、
他の会場(特に愛知芸術文化センター)でも見受けることになります。

□A:愛知芸術文化センター
名古屋の街並みは、碁盤の目のように整然と整い、道幅も広く開放感があります。
そこかしこに見受けるパブリック・アートや写真の展示など、芸術祭に相応しい都市の、
その中心に位置するような建物は、報道の映像で見るよりも大きく感じられました。
(写真は、前面広場に広がる オアシス21)

[A14]dividual inc.
暗闇の中、24面のモニターと机上のPCに自動的に文字(text)が 打ち込まれていく。
カチャ・カチャ‥ とキーボードの音だけが静かに響く。書かれているのは 遺書 です。
入力のタイミングや文字の削除まで、執筆のプロセスを全て記録するソフトによります。
ただ、書かれていくのは人間の肉筆による文字ではなく、あくまで、テキスト・データ。
個々の人の生の証や死まで、記号化されていく。 デジタル納骨堂 のようです。

[A13]ヘザー・デュイール=ハグボーグ
DNAという生体情報は究極の個人情報。それが許可なく搾取されている現実が恐ろしい。
DNA情報から復元された個人の顔面は、生きたデス・マスクのような精密さが恐ろしい。


[A23]表現の不自由展・その後
展示の中止に追い込まれた このブース。 いま一体どうなっているのだろう‥?
最大の関心事でした。
防煙扉に閉ざされ、来館者のコメントが書かれたカードが所狭しと貼られていました。

‥この大きな扉の先にある 見てはいけない物 って 一体なんなんだ?
知的好奇心が 想像力 を最大限にかきたてます。

‥もしかしたら、このメッセージこそ、はじめっから狙ったモノだったんじゃないのか?
そんな 穿った見方もできてしまうほど、強力なインパクトです。


カードは主催者側が用意したものでしょう、各自書き込みます。お題は二つの選択です。

あなたが日常の中で見つけた、差別や偏見、
我慢や諦めを強いられた具体的なエピソードを教えてください。

あなたは自由を奪われたと感じたことはありますか?
それはどのようなものでしたか?

‥あらためて問われると、私には浮かびませんでした。
すでに貼られているコメントを見てみると、
職場や家庭、古い慣習や概念、性差別‥ ローカルで個人的な不平不満が目を引きます。

‥‥‥
名古屋市美術館内で見受けた A4サイズ2枚綴りの抗議文。
この 愛知芸術文化センター内では より多く目にします。そして
抗議のため いくつかの展示は 自らその展示を取りやめています。ストライキです。

私は この行為には 大きな違和感を覚えました。

表現者である以上 表現の規制への抗議は 表現を持ってして行うべきではないのか。
‥ たとえば、菅官房長官に『令和』でなく『検閲』と書いた額を持たせちゃう、とか。
私ですら、それくらいのことは思いつきます。プロの表現者なら、なおのことでしょう。

ましてや、観に来た方々は、私も含めて入場料を払って観にきているはずです。
本来観られるものが、観られなのなら、その分の入場料は払い戻しされるのか‥?
そんな議論も 成立してしまいます。

展示のストライキは 筋が違うと 私は思います。


□S:四間道・円頓寺(しけみち・えんどじ)
市内の地下鉄の駅からも少し離れた、円頓寺商店街を中心とした会場です
お洒落なカフェやバーが、寺院や古民家とが共存する、じつに愛すべく商店街です。
いまだ生活している古民家内や、古ビルの一室や商店で作品の展示がされていました。

[S08]キュンチョメ
あるトランスジェンダーの少年(少女)が、自らの名前と性を変える という過程を
静かなドキュメンタリー映像で綴ります。両親との関係に、暖かいものを感じました。

[S08]弓指寛治
数年前に実際に起きた交通事故。被害者で亡くなった小学生達と、事故の加害者とを
インタビューとイラストでトレースしています。冷静で客観的な視点が刺さりました。


商店街での古びた建物の一角での展示らしい、これらの作品は、一見極めて個人的で
ローカルなモチーフですが、[A23]表現の不自由展・その後 の防煙扉に貼られた
無数の叫びに 似ているな、とも思えるのです。

アーチスト が作品を発表することを リ・リース と言うことがあります。
発信する側は、自らの経験や考えで作品をつくるのでしょうが、リ・リースされたら
受信する側は、それを咀嚼し自らの解釈にしたり物語にしたりします。
作品とは そういうものでなくてはいけないと、思えるのです。


あいちトリエンナーレ2019
自ら体験してみてよかった。


2019年9月25日水曜日

共用中庭を持つスキップ・フロアの集合住宅_追記



現在工事進行中 SK2-Project
1階部分のコンクリート打設作業です。
打設作業を見届けつつ スラブ上で 
現場サイド、そして型枠・鉄筋の職方さん達と私とで 即席工程打合せ。
工程が遅れ気味。現場の作業があまりに複雑に絡み合っているからです。
打設後に解体する外壁型枠は 一旦 搬出。転用はできないと。
一度組んだステージ(足場)も解体し、外周部の設備配管をしてしまい
埋め戻しの後に、改めて足場を設置。中庭のステージも改めて二段式に‥。

施工する側とすると
「狭い敷地」「コの字プラン」「スキップ・フロア」が 三重苦 です。

計画は 奇をてらったわけではなく
敷地を有効に活用させた 合理的なプランニングになっているのですが
現場では、心苦しいところも 正直あります。

2019年9月21日土曜日

共用中庭を持つスキップ・フロアの集合住宅


現在工事進行中 SK2-Project
ここのところ 現場の話題が続きましたが
面白いパノラマ工事写真が撮れましたので UPします。
ひとつの現場と思えませんが、コの字型のプランです。
ようやく 1階コンクリート打設 へ。

2019年9月16日月曜日

設計図は脚本 作品は現場で作るもの


建築をつくる現場 は 映画の撮影現場と似てるんじゃないだろうか‥
かねがね そんなふうに思ってます。
プロデューサー は 建主
建築家は脚本と監督。脚本書いただけでは作品になりません。
撮影現場では、予算や状況などで脚本通りにいかないこともありますが、
逆に、脚本になかった 思わぬアイディアが浮かぶこともあります。

現在撮影進行中 SK2-Project
空調室外機や湯沸器、雨樋やスリムダクト、メーター関係など
あまり〝美しくないもの〟は見せないよう、細心の工夫をしています。
唯一 各住戸の電気メータだけが露出になってしまうのが残念な部分。
(PS内には扉内湯沸器が納まるため、電気メータの内蔵は基本的にN.G.)

あっ!1階には 扉内湯沸器のないPSシャフトが 一箇所あるじゃない。
1階の住戸だけでも、電気メータ この中に納めよう。
現場で職人さんと打合わせていて閃いた。 こういうことの、積み重ね。
だから 現場 に向かうのです。


2019年9月10日火曜日

コンクリート打放し の 設計監理_鉄筋工事



設計監理中 集合住宅 SK2-Project
台風一過 今日から2階床スラブ・梁配筋の開始です。

私自身
現場の職人さんの仕事の、大概の部分はできんじゃないかと
自負してますが、この鉄筋工の皆さんの仕事だけは難しい。
ハッカーで結束線を結ぶくらいは なんでもないのですが
「拾い」‥ つまり 『積算』 が難しい。
地味な仕事ですが、『積算』こそ職人技と思えるひとつです。


2019年9月9日月曜日

コンクリート打放し の 型枠術


現在 設計監理中の 都市型集合住宅 SK2-Project
鋼製建具の製作図チェックに、建主の方々とショールームで使用確認
躯体施工図の承認(…昔取った杵柄 で実質的作成)と 慌しい日々。


1階のスラブが ようやく 上がりました。
今週中の配筋と中間検査、来週早々にはコンクリートの打設予定です。

外壁仕上げは コンクリートの打放し仕上げ
型枠は コンパネ(2_6 600×1800×12)と桟木(50×25)によるパネル。
私の割付に合わせて、ほぼ全てを工場で加工してきます。
建て込み(打放しの場合、通常外壁から)に合わせて壁厚に相当する
セパ(Pコンを合わせた)をセットして、返しの型枠は合わせるだけ。
それを単管パイプ(48.6φ)を2本かませてフォームタイで締めます。
単管パイプ で 水平・垂直の通りを確保するわけです。

私は パネルの割付は全て決めて指示しますが
Pコン(セパ)位置は、基本の規則性だけ決め、細かい指示はしません。
コーナーでフォームタイが絡んだり、スラブ引きや敷バタ受けで必要な
Pコンは どうしてもイレギュラーな配置のものも出てきてしまいます。
そこは現場で 型枠大工さんと相談して決めることもあります。

この現場の型枠大工さんたち、皆若く、楽しそうに仕事をしている。
職人さん不足のネガティブな話題からは縁遠いような感じ。私も楽しい。



2019年8月15日木曜日

終戦の日 平和へ


マドリードで『ゲルニカ』と対面したヨーロッパの一人旅
31年前1988年は東西冷戦の只中で、ベルリンの壁もまだありました。

東側にはウィーンから、ハンガリーの首都・ブタペストに入りました。
宿は共同住宅の一般人の住宅‥の中のトイレの壁の奥。隠し部屋です。
いま思うと、無許可の宿泊場だったのでしょう。
お財布に気をつけてね!と、宿の女将(家の住人)に耳打ちされると、
相部屋であることがわかりました。中には大きなリュックの若者二人。
こわばった表情、無言で俯く眼差しが冷たかった。
東側の国の二人には、行ける場所や会話に厳しい制約があるとのこと。
この若い旅人たちの佇まいが、忘れられない。

いま
私たちは、当たり前のように自由に話し、表現することができます。
そのことだけでも、なんと平和で尊いことか。

展示作品にとやかく口を挟む首長や、自らを非難した民間人の職場に
押しかけてくる国会議員。何気に、そら恐ろしくなることが続きます。

いつまでも 平和が続くことを願います。


※当時の写真を整理。コルビジェのユニテにも泊まったな。懐かしい。


2019年8月7日水曜日

クール・シェア


当方で計画した狭小住宅の取材を ある雑誌社の方からお願いされました。
中庭や坪庭を設けたり、自然を上手く取り入れた狭小住宅を紹介したいと。

私は都心に作る狭小住宅には 庭はいらない と考えています。
限られた敷地に庭を強引に作ることで、プランが歪になってしまうこと。
代々木公園や等々力渓谷など、都内は意外と自然が多いので、そういった
場所を公共の庭と考えて活用すべきと考えていること。それらが理由です。
庭のシェア ということですね。
取材の意図とは真逆になりますが、それでもよければ、とお返事しました。

庭 というスペース だけではなく
昨今では 〝涼〟のシェア という考え方ありますね。
空調が完備した公共施設で日中は過ごし。住宅のエアコンは極力使わない。
エアコン使うにしても、住宅の中の一室だけをクローズしてそこを冷やす。
家族が集い、地球環境ばかりではなく、ライフスタイルも変わるのかな。
そんな思いが湧きました。


余談
今朝のワイドショーで、テレ朝の玉川さんが『ゲルニカ』の政治的背景を
少し解説してくれていました。偶然でしょうが、ひとつ勉強になりました。