2019年7月17日水曜日

建築家マッチング・サイト 今昔


インターネットで SITEをはじめて立上げたのは1994年。
ネットデビュー 25周年 ということに気がつきました。

1994年当時はまだ、ネット環境の黎明期。検索エンジンもありませんでした。
自前のホームページを持っている設計事務所なども希な存在で、
ネット上の建築家を建主に紹介するという、いはゆる〝マッチング〟サイトの
存在は、それなりに必要であったと思います。

ただ本来 インターネットの 大きな効用とは
発信者と受信者とが(中間業者なしに)直接 出会える場 であるところです。

今日、大きく成長したネット環境の中、建築家マッチング・サイト がいまだ
必要とされるとすれば、〝情報のコンシェルジェ〟としての役割でしょう。

例えば大きな総合病院では、症状や主訴に応じて まず案内をしてくれます。
  あなたは 循環器系の先生がいいですね‥
  この傷は 整形外科の先生に診てもらった方がよいでしょう‥
  まず、この専門の検査を受けられた方が よいでしょう‥  などとですね。 

住宅を建てるということも 治療と同じ。みな症状(条件や希望)が違います。
 都心の狭小地なのか雄大な自然の中なのか… 別荘なのか二世代住宅なのか…。
 生活の中で大切なものは何か…、はたまた事業として収益性を求めるのか…。
クライアントの条件や希望に合わせた、的確なガイダンスが必要なはずですが
いまだ、そこが上手くいっていないように感じています。

これは、実際に情報を発信する建築家側の課題でもあります。
作品の出来栄えを競い合うのではなく、自身の専門性や哲学を示さないことには
見つける側は、はっきりと門戸を叩くことができません。

そして、建築家とクライアント
最も大切なものは、お互いの信頼関係 です。
信頼関係をつくるためには、実際に会って 話し合ってみること。
ネットも情報も、あくまで出会いのための TOOL に過ぎないこと。
そこは 忘れないでいたいですね。



2019年7月16日火曜日

基礎のコンクリート打設

工事進行中の集合住宅 SK2-Project
配筋検査と同じく豪雨の天候かと思いきや、午後の開始時には小降りに。
それでも、根伐底に溜まった雨水を掃出すのに水中ポンプを稼働させつつ
基礎の一部コンクリート打設工事 完了です。
(スキップした複雑な形状のため、基礎を3度に分けて打設します。)

打設される 生コンクリートの試験です。
スランプ、空気量、塩分濃度などを計量、承認済みの配合計画書と照合。
コンクリートの硬化は、セメントのケイ酸カルシュームと水との化学反応
によるもの。その反応熱で、生コンって あったかいのですよ。じつは。
建築が これから産み出されることを 思わせるかのようです。




2019年7月12日金曜日

久しぶり 等々力渓谷



日頃から OA機材に囲まれた作業は、結構なダメージです。
昨日は、思い切って午前中をOFFにして森林浴としました。

久しぶりに訪れてみた 等々力渓谷 です。
環状八号線の高架下に広がる 森とせせらぎ。
都内でも 自然に触れ合うことはできます。



2019年7月6日土曜日

模様替え


この blog  少し明るい色調にしてみました。
模様替えは オープン以来 はじめてです。



2019年7月5日金曜日

豪雨の中の基礎配筋検査 

工事進行中の集合住宅 SK2-Project
豪雨の中 瑕疵担保保険会社による基礎配筋の検査。無事完了です。
瑕疵担保保険は、元請業者がその加入を義務付けられている保険。
ですので、検査の主役は工事業者となるのですが、検査の内容は
当然、確認申請(計画変更申請)によっているか、ということです。

その計画変更申請。決済完了したのは この検査の前日。
タイト・ロープな連携でしたが、ここを乗り切れました。




TOTOギャラリー間 ,and then 展


失礼ながら 建築家の中山英之というお名前、ここで初めて知ったのですが
ギャラリー間 ,and then 展』。いち来訪者として、とっても楽しかった。

5つの作品の、完成からのその後(,and then )を 映像作品にしている。

よく 音楽などの作品を発表することを リリース(release)といいます。
釣り上げた魚を 再び放すこと。
建築も完成して建主に引き渡され、つくった側からの思いをはなれてからが
本当の物語なのではないのかと、常々私も考えていました。
ただ、その後(,and then )の撮影に住み手の方々、よくぞ協力されたこと。
生活感の溢れた楽しい映像ばかりでは ありますが‥。



『新聞記者』


映画の日。なにげなく見た『新聞記者』という作品に 激しく心動かされました。

新聞記者や新聞社の奮闘を描いた映画 といえば。
高校生の時に観た『大統領の陰謀』を思い浮かべます。もう40年も昔のこと。
ウォーターゲート事件の真相を暴いた、当時のワシントンポスト紙の若手記者を
ロバート・レッドフォード、ダスティン・ホフマンの 2大スターが演じました。
多感な頃の自分も、ジャーナリストに憧れたことを思い出します。
ハリウッドでは昨年、その関連で『ペンタゴン・ペーパーズ』という作品もあり、
メリル・ストロープ、トム・ハンクス とこちらも大スターの共演でした。

邦画では
『クライマーズ・ハイ』(横山秀夫原作 原田眞人監督)という秀作もありますが
『大統領~』のように、あからさまな政権批判はこれまでなかったかなと思います。

ただ、この 『新聞記者』 は違う。
伝える側、告発する側の勇気と苦悩は、そのまま現事件を背景にしてるのは明らか。
メッセージが質の高いエンターティメントにのっているがゆえ、強く響きます。

『この国の民主主義はカタチだけでいい‥』
くしくも参院選挙が公示されたタイミングでの、このセリフが突き刺さります。
必見。



2019年7月1日月曜日

基礎配筋 進行中


現在 工事進行中の新築集合住宅 SK2-Project
基礎の鉄筋工事 進行中。
敷地内の高低差を利用したスキップ・フロアのプランから、基礎梁の
H寸法は稼げたかたち。構造的には有利な部分。
一見するとキャシャな配筋でいけるのもそのため。主筋は 全てD16。
接続で(重ね継手のみで)ガス圧接を不要にするのも 狙いのひとつ。
必要な構造耐力を確保するのはもちろん、その上での経済設計は大切。

今週中には、瑕疵担保保険の配筋検査の予定。少しチキン・レースだ。


2019年6月27日木曜日

日頃から 運動


ビルに2基あるエレベータうち 1基がメンテナンス中。
エントランスでは エレベータ待ちの人があふれている。
向かうは5階。TVのCMよろしく階段を駆け上ってみる。
息が切れる。けっこうなエネルギー消費だ。
ようやく5階にたどり着くと、扉が開かないなじゃい!
たまたま内側から開けてくれた作業服の男の ナンなの
と 言いたげな怪訝な顔付。
そうか、防犯上締めているのか。ただ、ちょっと寂しい。

趣味の サイクリング の方で発散しよう。
ネコには関係ないはなし。


2019年6月25日火曜日

iPad Pro で ペーパーレスへGO!


iPadが iOSから独自のOSになるそうな。
シリーズも新しくなるのかなあと、待っていてもきりないので
iPad Pro 11インチ 購入しちゃいました。
…いやぁ 便利。

以前も iPad 使ってましたが、重くて持ちにくかったのなんの。
今のシリーズは 軽くて 片手で持てるのがよい。
他の家電製品にもいえますが、軽量は最大の性能だと思います。

設計図書を見ながら 施工図のチェック。
使い慣れたら、iMacとiPad だけで完結させたいな。