2013年7月16日火曜日

扇形敷地での集合住宅計画

計画地は、北側の前面道路は傾斜した扇型の崖地。
都内70坪ほどの敷地。

眺望と採光は申し分ない。
変形した土地形状も、欠点ではなく特徴と捉える。
特徴を活かすことで、建物に付加価値が生まれる。

住宅や集合住宅の計画は、そのように考えてます。


0 件のコメント:

コメントを投稿