2010年8月11日水曜日

効率化の牙城・建築工事の見積書





工事の請負業者さんの決定は、まずは候補の数社から見積書をいただき
私の方でチェック。その後、建主と相談のうえで決定、という流れです。

私の見積書チェックは、独自の方法によります。
工事項目ごとに、全体の金額に対する パーセンテージ を出します。
経験的に、この割合は、どんな計画でもだいたい同じだと知ってます。
ぎゃくに、そこから突出した割合の項目は 要・確認となるのですね。

この工事見積書。 
じっつに 見づらい。いまだに慣れません。
共通仮設工事、建築工事、電気工事、給排水設備‥と 大項目があり、
その後ろに 内訳がある。それも、一連の箇条書き。
まずは 建築基準法の法令集のように、インデックスをつけて整理。
また、それも分厚い。
pdf でも見づらいので 結局 全て打出し。 紙 もったいない‥。

iPad の普及が待たれる、一番手の分野じゃないかな。


4 件のコメント:

  1. いつも楽しく観ております。
    また遊びにきます。
    ありがとうございます。

    返信削除
  2. 履歴書の添え状 さま
    ありがとう。

    たのしんでもらえて、うれしいです。

    返信削除
  3. 履歴書の書き方の見本 さま
    ありがとうございます。
    またの おこしを。

    返信削除