2016年5月4日水曜日

『猫』と『映画』と

巷は空前の猫ブームだそうだそうで、TVやネットでは猫だらけで、
タレントのように扱われている猫たちもいるそうな。

実は うちにも 一匹。いや、ひとり。
猫は犬とは違い、人間との主従関係という意識がない。
飼われている。というのではなく、共存しているのだ。


この連休中は
もっぱら仕事のかたわら、息抜きは映画でとレンタルビデオ店の棚から
思わず手に取ったのが 『先生と迷い猫』

自然や街並みの風景が美しく、猫の捉え方もとても自然で癒やされるが
ブラックな暗示もされている。受け止め方は、いろいろあろうところ。
ただ、作品としては あまり印象に残らなかったな。


『レンタネコ』は かもめ食堂の荻上直子監督の作品だが、猫の習性を
少しでも知っている者には、猫の演技(?)は かなり不自然な印象だ。
それでも、単純な癒し系映画と思えば、楽しめなくもない。


今月は
昨年小説が話題になった『世界から猫が消えたのなら』が公開とのこと。
原作の小説は、とても良かった。多くの場面は、まさに映像として思い
浮かぶような作品。その原作者は映画プロデューサーの川村元気氏。
すでに、映画化までのプロセスを念頭に 書かれていたのであろうか‥。
あざとい 人間の思惑があったとすれば、猫には見透かされますぞよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿