2016年1月31日日曜日

やっとのことで フォースの覚醒

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』
今更ながら、公開からひと月以上も経ちようやく鑑賞です。素晴らしかった!
作品の出来栄えとともに、我々の世代には ノスタルジー感満載!でしたね。

『スター・ウォーズ』
エピソード4~『新たなる希望』(…公開当時は、副題はありませんでした。)  
公開は1977年であったとのこと。
当時、私は高校生。有楽町の日劇(現在のマリオン)で観た 記憶があります。
エピソード5~6『帝国の逆襲』『ジェダイの帰還』 は
大学近くの佳作座(今はもうパチンコ屋さんになってしまった。)にて。
授業をサボって‥。
エピソード1~ 『ファントムメナス』のシリーズ3作は、小学生の甥っ子の
おモリを兼ねて‥。
自分のこれまでの時間と、ソロやレイア、ルークが歩んできたであろう人生
とを重ねてしまうのかもしれない(‥大げさでしょうかね)。だから、もう
ミレニアム・ファルコン号が画面に現れた瞬間、すでに涙腺が緩んでしまう。
きっと 初めて『スター・ウォーズ』の世界観に触れる若い世代の方々とは
大いなるギャップはありましょう。

気になること もあり。
これまでの『スター・ウォーズ』へのリスペクトが 過ぎるんじゃないのか?
シリーズの世界観を壊すまいと、おっかな・びっくり で作られているよう。
エピソード4~のシリーズからの引用部分が あまりにすぎてしまっていて
見ていて次の展開が 見えてしまう。
これからのシリーズの展開も おおよそ察しがついてしまっています。

脚本も監督さんも、次回作は選手交代だそうですから
いい意味 期待を裏切るストーリー展開を期待したい。
テーマは不変なのですから。

怒りの感情に染まった『ダーク・サイド』に身を委ねることなかれ。
家族の元へ帰ろう。
『ダーク・サイド』は 私たちのこの惑星にもあるようだ。


0 件のコメント:

コメントを投稿