2016年1月26日火曜日

地名、坂道、動物たち。とある東京見聞。

狸穴 と書いて まみあな と呼びます。
麻布界隈にある地名で、母校の近くということで、地名は知っていましたが
立ち寄ったのは、初めてでした。
近くに 東京タワー をのぞむ、閑静でいて何気に緊張感のある いっかく。
ロシア大使館、アメリカン・クラブが近接し、警備の警察官の こんにちは‥
という穏やかな挨拶の顔は、それとなく私の首実検をしているのが、わかる。
ちなみに この2棟。冷戦時代から密かに地下道で通じている、という噂も。

狸穴坂 という坂 があり。
立札に曰く。
‥まみとは雌ダヌキ ムササビまたはアナグマの類で、昔その穴が坂下にあったという。
なるほど、本当にタヌキがお住まいになりそうな、茂みもまだ残っている。

東京は、ことのほか 坂の町でもあります。
他の坂道にある立札で、鼬鼠(いたち)坂・鼠坂 といった地名もあるようだ。
近くの狸穴公園に祀られていたのは お稲荷様。狐だ。
猫たちも 日向ぼっこをしている。 

動物たちは平和だ。



0 件のコメント:

コメントを投稿