2015年5月29日金曜日

狭小地での集合住宅計画・木造重層長屋

計画中、都内19坪の敷地を有効活用した賃貸集合住宅の修正案。
都安全条例の関係から、共用部をもたない長屋形式の計画です。

階数や床面積としてカウントされないロフト部分をつくることで
これもひとつ、メゾネット形式の住居といえるでしょう。
単身者のみならず、二人住まいも可能な4住居が計画できました。


0 件のコメント:

コメントを投稿