2015年3月5日木曜日

ブランドは製品のクゥオリティーから生まれるのでは。

東京ビックサイトで開催されていた『建築・建材展2015』からの帰り道。
ゆりかもめの駅から見える、すぐとなりの大きなビルのワンフロアー。
ワイドショーの中、お家騒動で揺れる大塚家具の有明ショールームです。
いまはもう社を離れていますが、同社でかなりの地位におられた知人から、
そういえば、むかし、ここで家具を購入したことを思い出しました。

株式上場する企業が経営者を決めるのは、株主総会であり家族会議じゃない。
TVにみる父と娘(じゃなく会長と社長)の会見合戦は、あまりに大人気ない。

もうひとつ。ピントが違ってるな、と思っているところがあります。

販売方法は、時代とともに変わることもあるでしょう。ネットの時代です。
ただ会社のブランドとは、その製品のクゥオリティーにあるはずです。
大塚家具のみなさん。なぜ自身の製品に対するプライドを示さないのか。

有明ショールームで購入した オットマン付きのリクライニング・チェア。
とても気に入ってます。ネコに少しやられちゃっても、それも風合いです。
永く付き合える家具は、いいですよ。

photo はゆりかもめの先頭車両から。

0 件のコメント:

コメントを投稿