2015年2月23日月曜日

○○を(本当に)失ったなら。

年が明けてから このblog しばらくお休みしておりました。
気持ち的な余裕がなかったからですが、今は少し力みがとれた感じです。

お休みしていた間の出来事をいくつか。

じつはスマホを紛失しました。Xpria です。
まあ、そのうち出てくんだろう‥と、ふんでましたが 結局ありません。
機種変更 というかたちで 新たに購入するハメになりました。
お正月に読書感想文をupした『世界から猫が消えたのなら』の物語でも
悪魔に真っ先に消されたのが、この電話でした。まんま、その心境です。
(じっさいには、悪魔は現れませんでした。私の寿命もまだのようです。)

この機に心機一転。iPhone6 に変えました。
20数年来のMacユーザーの私には、こりゃあ便利。
写真も音楽も住所録もブックマークも共有できる。
デザインはイマイチと思ってましたが、握ってみればコンセプトも明解。
これまで損してたかな。

機種変更で訪れたdocomoショップの近くに、馴染みの構造設計者H氏
の御宅があるのを思い出しました。手続きの間、立ち寄ってみました。

H氏とは、私がまだ駆け出しの20代前半の頃からのお付き合いです。
私が独立してからも、何件か構造設計をお願いしてきました。
構造設計者としては、よくいえば堅実、わるく言えばガンコなタイプ。
一度、現場で職人とケンカになったこともありましたが、そんな信念が
頼りになるところです。私の計画物件では、シンプルな構造計画になる
と、協力いただくことにしてました。

ドアの呼び鈴を鳴らすと、まあお久しぶり…と奥様が顔を出されます。
この時間は、H氏は勤めに出ている、ということでした。
聞けば、構造設計事務所をたたむことになった、と。…ショック。
寂しいですが、お疲れ様でした。こんど、じっくり一緒にお食事でも。


もうひとつ、寂しい出来事が。
設備設計者Oさんの訃報です。
今年の年賀状の、奥様からの返信で知りました。昨年の3月とのこと。
Oさんとは、20代後半の設計事務所勤務時代からのお付き合いでした。
意匠設計と設備設計、それぞれ事務所の担当者同士でしたが、お互い
独立後も、私の仕事の協力をいただいてきました。

ご迷惑かと躊躇しましたが、やはりOさん宅までご焼香にむかいます。
はじめて目にしたOさんのご自宅兼仕事場は、全く私の想像した通り。
設備設計者らしく機械系のいろんなもの、知らなかった趣味の山歩き
アマチュア無線や写真、と楽しげな佇まいがいっぱいです。 
‥山の木の実を(取れるだけ採って来るのではなく。)
 自分に必要な分だけ 採ってくるような人でした。 と奥様
気さくで、気負いのない人柄が偲ばれます。
これまで いろいろ ありがとうございました。


私は まだまだ仕事を楽しみ、建主の皆様にも楽しんでいただきます。
H氏のようにガンコに。Oさんのように気負いなく。
悪魔があらわれようが、余命宣告されようがです。
よろしく おねがいいたします。

photoはOさん宅のご家族のひとり
2.22  昨日は猫の日ということで。

0 件のコメント:

コメントを投稿