2014年8月7日木曜日

自然体で純粋な建築のありよう



乃木坂 TOTOギャラリー・間
酷暑の中、所用の帰り。ミッドタウンのゴジラから梯子見学。

ノルウェーを拠点に活動する2人の若手建築家ユニットです。

東南アジアのアレた地域で、現地の仕材、構法、そして住民をも
巻き込んだ、手作り感覚満載の建築群には、本気で感動しました。
建物が生まれ行く過程を大切に、そして作り手皆で楽しんでいる。
本来 建築 とはこういうものか。

アンドレア・G・ゲールセン、ヤシャー・ハンスタッド
2人の若者には野心がない。
自分達のスタイルを実現させたい、という、建築家の根源的欲望
(‥ポジティブに作用するなら、それもエネルギー)が見えない。
現場でつくる、という作業に徹する自然体の姿が嬉しく映ります。

ゴジラもギャラ間も お金はかかりません。
ご家族でもよいと思いますよ。



0 件のコメント:

コメントを投稿