2014年3月29日土曜日

近未来的物流施設

羽田空港にむかう環状8号線にめんした巨大な物流センターは
ヤマトグループの総合物流ターミナル『羽田クロノゲート』だ。
施設の工事中は近くの穴守稲荷神社からも、巨大なクレーンが
まさにヤマタのオロチのごとく伸びて、ものものしい雰囲気で
あったことは覚えていても、完成は建築誌で知ったのみでいた。

ランチのお店、焼きたてのパンが美味しいよ。
そんなウワサに、お昼時をねらって 探検してみることにした。

施設は、まさに貨物を扱うターミナル部分と地域に解放された
『和の里』にゾーニングされている(もちろんランチは後者。)
のだが、おちょこちょいなワタシは、車でターミナルのゲート
に進入してしまう。
‥それじゃ、一旦場内をぐる~と一週して場外に出てください。
それでも、ゲート誘導員のお兄さんは、じつに親切であった。
大きな貨物用トラックに挟まりハズカしい思いで進みながらも
運転席から見上げる巨大な施設は、無機的で人の佇まいがない。
ただ
自然環境と生態系を育むという『和の里』エリアは 対照的だ。
レストランや保育所、スポーツ施設まで設置されているそうだ。
地形に起伏を与え、円錐を逆さにしたようなモチーフの建物群。
この形状は、庇の役割にもなっていることに気がつく。
ディテールもシャープで近未来的、どこから見てもかっこいい。

予約制の見学コースがあるとは知らなかった。
いつか おりをみて再報告をいたしましょう。




0 件のコメント:

コメントを投稿