2013年2月12日火曜日

テナントさんが進化させる101号室



当方所有の賃貸集合住宅の ひと部屋。
SOHO使用を想定した、約14坪のメゾネット形式。

このテナントさん、事情で退室されるということで、
クリーニングの手配を決めるため、お引っ越し前に
お部屋の中をみせていただいた。

びっくりした。私の知っている空間じゃないぞ。
‥地下の居室や浴室へは、しっかりとした扉が設置。
 収納階段は、きれいにコーディネートされていて、
 床面は一面、タイルカーペットが敷き詰めてある。
ライフスタイルに合わせて、生活を楽しまれたこと。
私もうれしい。この建物も、きっとよろこんでいる。

付加えた内装は、多くをそのまま残していくとのこと。
退室するテナントさんの恐縮どころか、ありがたい。
もちろん、通常は現状復帰の原則に従うのでしょう
が、また撤去して処分するなんてエコじゃない。

この101号室
その前のテナントさんは、階段手摺を兼ねた収納を
残していかれた。
その前の(初めての)テナントさんは浴槽と湯沸器。
住人の方々、みんなに育てていただいている。





0 件のコメント:

コメントを投稿