2013年1月20日日曜日

TVでも、女性がつよい。


昨晩のNHK特集は、日本の世界的建築家 SANAAを取り上げてる。
開放的で周囲ととけこんだ建築とともに、さわやかな映像であった。
(先週のダイオウイカといい、昨今のNHKの番組はみごたえある。)

フランス ランスに完成したルーブル美術館・別館
設計コンペで ザハ・ハディット氏の存在感ある造形に先んじるも、
東京での(昨今話題の)新国立競技場の設計コンペでは逆の結果に。
美術館とスタジアム。ともに公共性を要求される施設に求められる
ニュアンスの違いも興味深かった。
(新国立競技場のコンペ審査の席、よくカメラ入れてもらえたなあ。)

妹島和世さんvsザハ・ハディット女史 女性建築家の戦い、みたいな
ありがちな過度な盛り上げがなかったのも 好感が持てた。

その後のEテレでは 町工場を引き継いだ 若き女性経営者の番組も。
どうやら、私の地元・大田区のようだ。決断と努力、みならいたい。
(工作機械は危険もある。長い髪だけは切ったほうがいいですよ!)

おんな酒場放浪記
吉田類だけじゃない。 女性も 酒がつよい。


0 件のコメント:

コメントを投稿