2013年1月10日木曜日

型枠と配筋


年が明け、1階部分の壁型枠と配筋がスタート。
型枠は、加工したパネルが年末に現場搬入済み。
現場が狭いため、加工は現場でなく工場で行ない
現場では、外側から建て込みます。
足場の設置も、コンクリ打設後に型枠を解体して
からとなります。

施工誤差で生じる可能性がある打継部分の目違い
を調整できるよう、打放し仕上では、通常 型枠
は外側から建て込みます。現場の状況にはよりま
せんが、それよりも、この現場では物理的状況で
外側からの建て込みに、せざろうえませんでした。

壁配筋もアバレがなく、キマッていそうですが、
これは、メンバーがオールD13(D10ではなく。)
のためも、あるようです。 明日、配筋検査です。


0 件のコメント:

コメントを投稿