2012年12月1日土曜日

それは 必要なのか?‥その問いかけが デザイン


前記で Webテンプレート集の強烈さに ふれました。
Webデザイナーの方々の 渾身の作品なのでしょうが、
これじゃあ コンテンツ が浮かび上がってこないな。

気がつきました。
同じことが 住宅のデザインにもいえてます。
主役は コンテンツならぬ建主の方々の生活であるはず。
住宅のデザインとは そのステージをつくること だと。

私は、設計段階でアイディアが浮かぶたびに自問します。
それは ほんとうに必要なしつらえか、と。
お金を出すのは建主です。
受け入れる/受け入れない の判断はあるでしょうが、
ただその前に、自信をもって必要性を説明できない提案
では、建主の方に 失礼となりましょう。

味気ない建物になっちゃわないか。‥それは、ないです。
建主のもとめる ライフスタイル は みなちがいます。
敷地の状況、コストや規制のあり方も みなちがいます。
だからこそ、ほんとの意味の 個性 が生まれます。
デザインという仕事を そう考えてます。

0 件のコメント:

コメントを投稿