2012年9月3日月曜日

建築家を目指したきっかけは‥


って コメント もとめられてもねえ‥
イチロー選手にサインもらったから。とか『はやぶさ』に感動して!
テキなこと 聞く方は期待するんでしょうが、とくにねえ‥。
(ましてや、建築家ってゆうヒビキは、私にはかっこ良すぎる。)

そこで
高校生のときのこと、いくつか思い出してみた。夏休みの宿題風に。

美術のO先生は、とても温厚な方だった。おとうさまは日本画壇の
超のつく大家、ただ、そんなことはオクビにも出さない物腰だった。
授業では他教科の自習公認。受験をひかえ、気遣いしていただいた。
それでも、授業の合間に 一度だけ声があがった。
‥さあみんなあ、顔を上げて。教科書の ここだけは覚えてくれ。

 掲げられた 美術の教科書 のページ
 ル・コルビジェ の ロンシャンの教会 であった。

もうひとつは
学校近く 飯倉の交差点にそびえる ノアビル(建築家:白井晟一)
たったひとつの建築の力で、空間や街並に影響をあたえることが
できるんだあ。肌身に感じ、感動した出会いでありました。

いまの自分
まだまだ ちいせえなあ‥


0 件のコメント:

コメントを投稿