2012年4月24日火曜日

集合住宅の計画(3)オーナーさんとテナントさん


僭越な言い方で 恐縮なのですが
私の計画した集合住宅では、そのデザインを気に入っていただき
入居されたテナントさんも多い、と。ありがたい おはなしです。

よく オーナーの自宅部分も配した賃貸集合住宅の計画などでは
借室部分の計画に、あまり関心をもたない建築家もいるようです。
賃料収入さえはいればよい、と。私は それは違うと思ってます。

賃貸集合住宅のオーナーは、たいがい
その事業資金の調達のために、融資を受けて建築するわけですが
その返済に、テナントさんからの賃料収入の一部があてられます。
つまり 見方によっては、
テナントさんも建築費用を出している、ということになりますね。

たとえお顔は見えずとも、作品である集合住宅のテナントさんも 
建築家にとって大切なファンの方であり、建て主なのであります。

0 件のコメント:

コメントを投稿