2012年2月16日木曜日

スターのオーラ パロディでも?

ブルース・ウィルスやジャン・レノが、なにもそこまでも‥。
ハリウッドのスターが、日本のTVCMで つきぬけている。

なかでもジャン・レノさんの ドラえもん。いいのかよ…。
休日。お口直しにと LEON を 久々に観かえしてみた。
リック・ベッソン監督の ディレクターズ・カットの作品。
秀作である。
ナタリー・ポートマン がいい。
純粋でいてシタタカな12歳の少女を見事 演じきっている。
ゲーリー・オールドマン がいい。
ヒース・レジャーや松田優作に負けない残虐な憎まれ役だ。

この ゲーリー・オールドマンが すっかりイイひと役の
クリストファー・ノーラン監督の バットマン・シリーズ。
この夏公開の ダークナイト ライジング。期待大である。

もう一作はこの冬の 47RONIN(赤穂浪士のハリウッド版)
昨今話題の赤西くん が ビック・チャンスを得ているが、
この カール・リンシュという監督。ただものではないぞよ。
これまた 期待大。
(ステマ では ありませんよ。)



0 件のコメント:

コメントを投稿