2012年1月31日火曜日

『愛知県立芸術大学施設整備に係る工事の一時差止を求める』 <つづき>


吉村順三先生の作品には、いくつか実際に接したことがあります。
派手さはなくとも、ディテールが静かに主張しているようでした。
しかしながら
この愛知県立芸術大学の建築には、ふれあったことがありません。
ただ、この建築がみんなに愛され存在していることはわかります。

文化とは 建物そのものではない。
かかわり方。かかわってきた歴史も含めたものだな、と感じます。

計画地はギフチョウの貴重な生息地でもあるとのことです。


0 件のコメント:

コメントを投稿