2011年5月1日日曜日

47ronin

キヤヌ・リーブス主演 の ハリウッド版『忠臣蔵』 47ronin
元・アイドルが オーディションで大役をゲット!といた話題から
公式サイトを ときどき ちら見 するようになっていた。
ロードショウは来年、ただ12月とは討ち入り時節を狙っているな。
http://47ronin.jp/

公式サイトにある
カール・リンシュという監督さんの ショート映像(You Tube)
文明批判的なシュールな世界観だが、これ ちょっと すごいぞ。 
同じようにCM出身、ワタシのご贔屓のリドリー・スコット監督も
高く評価とある。この映画も、チェック しておこう。

ハリウッドの映画の中には
デフォルメされた 陳腐な日本人像の表現も、たしかにあるけれど
日本人の精神性や価値観を、きちんと咀嚼し できてるものもある。
先の スコット監督の『ブラック・レイン』
C・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』なんか、そうかな。
47ronin も ‥どしても非現実的なファンタジーなのだろうが‥ 
できれば 後者の部類の映画 であってもらいたい。


そうえば、以前 ある方が
我が国の国旗 日の丸 の由来の一説を話していたのを思い出した。
討取った首をくるんだ 布 だと言うのだ。‥なるほど、そうなる。

泉岳寺 浅野家の墓前に供えられた 上野介の首のつつみ。
大石内蔵助がそれをほどくと そこが日の丸になっている。

そんな ラスト・シーン とは いかがでしょうか‥。


‥今日は、お休み。
しばし サーフィン。

0 件のコメント:

コメントを投稿