2010年11月5日金曜日

歓迎。ロケーション・ハンティング

昨晩 米倉涼子さんのTVドラマ を観てしまった。
20年以上も昔の 伊丹十三監督 マルサの女 のアレンジだ。
津川雅彦さんのナレーション配役も、偶然じゃないのだろう。

TVでは 国税の庁舎として 目黒区役所 が使われていた。
旧・生命保険会社の建物で、建築家・村野藤吾氏の作品である。
階段のディテールなど、私は傑作だと思っている。

l旧作 マルサの女2 でも
国税の庁舎として 当時、話題の建築であった原広司氏設計
の ヤマトインターナショナル が使われてたのを思い出す。

建物が、物語に厚みをだしているのだな。

これらの名建築とは、まったくもって ほど遠くも
私のとこにも、建物作品をロケ先として使わしてくれないか‥
と問合せがあったことがある。 素直に光栄である。
それも、ファンの監督さんの映画だったかな。
当時は、タイミングもフィットしなかったけど、常々歓迎です。

この事務所も、刑事ドラマの取調室にでも 使っていいのよ‥。

0 件のコメント:

コメントを投稿