2010年9月19日日曜日

狭小住宅:デェテールデザインと法規制との格闘

昨日は
リオタデザイン 関本竜太さん の 新築住宅作品の見学へ。
関本さんは 私が以前勤務した設計事務所 OB で後輩となる。

都心の13坪の敷地。4層と屋上からなる 専用住宅。
建坪10坪ほどの、いはゆる 狭小住宅 だ。

沿線道路沿い。耐火建築物であるために、鉄筋コンクリート。
こういった計画では、階段の配置をどうするかが計画の要と
なるも、反面、縦穴区画の用件も要クリア。
3階より上階の非常進入口もひと工夫。
金物のディテールも、一見シンプルでいて 配慮と工夫。

格闘 のあとの 自然体。
共感できるところ 多い。

0 件のコメント:

コメントを投稿