2010年8月17日火曜日

地質調査 うわものあっては‥。



昼間の最高気温の更新かとおぼしき、灼熱のお盆休みあけ。
建物の建替工事にさきだつ 既存建物の解体作業がつづく。
職人さんたちには、ほんとに、ごくろうさま である。

この既存建物。15坪あまりの敷地に ほぼ目一杯建ってる。
この状態では、ボーリングなど地質調査は現地では不可能。
その地質調査の報告書の添付が義務づけられた 建築確認。

そう
更地にして、地質調査して、それから設計しろよ ってか?
その間、建て主は ずーっと引っ越してろ ってことなの?
‥耐震偽装事件を端した、設計者性悪説 の発想のツケだ。

お役人さん にも さすがにあんまりだ ということでか
建築確認済証 は いただき、着工までに地質調査報告書
をキッチリ提出するとのことで、落着。
基礎は、近隣の地盤データの中で最悪の状態を想定し設計。
設計変更は、少なくとも補強の方へは出ないはずだ。

あとは、
設計者である私と、パートナーである構造設計者との責任。
これが、本来のことじゃ、ありませんか。

※所管の特定行政庁により、対応が違うことがありますので
 実際の場合は、そのつど確認のこと。

0 件のコメント:

コメントを投稿